2011年02月04日

相続のいろは

〜 相 続 と は (相続のいろは)〜

 人の死亡によって、生前その人の所有していた財産や負担していた負債などを包括的に承継することを言います。わが国では、
相続人と相続分を法律で定める法定相続主義を原則としつつ、一定限度で遺言という形で死亡者の意思を反映させる自由相続主
義をとっています。

@法定相続(自分の取り分は?)

 相続が発生した場合の相続人とその持分は以下のとおりです。

第1順位 子(2分の1)と配偶者(2分の1)

 *子が数人いる場合は2分の1を均等に分配する。

 *子が死亡している場合は、その子(孫)が相続人となる。

 *配偶者には内縁配偶者は含まれない。

第2順位 直系尊属(3分の1)と配偶者(3分の2)

 *直系尊属とは父母・祖父母のことです。

 *父または母がいる場合は、祖父母は相続人とならない。

 *父母には養父母も含まれる。

第3順位 兄弟姉妹(4分の1)と配偶者(4分の3)

 *兄弟姉妹が数人いる場合は、4分の1を均等に分配する。

 *兄弟姉妹が死亡しているときは、その子(甥・姪)が相続する。    

 *代襲相続・・・被相続人の死亡以前に相続人となるべき子・兄弟姉妹が死亡し、または廃除され、あるいは欠格事由があるた
め、相続権を失った場合に、その直系卑属(子、孫など)がその人に代わって相続人となる(兄弟姉妹の場合はその子に限る)

(注)相続の開始した時期によって、上記と異なる相続分になる場合があります。

posted by Punchip at 12:07| 東京 ☀| 相続・遺言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。